松野ひろかずの政策



 
   
         全力でコロナ対策。
           命を守る、雇用を守る。
【日本の国際競争力の強化と所得の改善】
・イノベーション(技術革新)戦略の推進、労働生産性のアップで低下傾向にある日本の競争力を高め、所得の向上を図る。

【新型コロナ対策】
・感染症対策のため医療機関の機能分化、再編を進める。

【生涯現役社会の実現】
・自民党雇用問題調査会会長として、法改正と労働環境改善の推進により、70歳まで働ける社会の実現と。地域社会での活躍を併せ、生涯現役社会を実現する。

【大学教育改革】
・中国・韓国においては、大学の7割弱が理工系学部であるのに対し、日本の理工系学部は約2割。今後の日本の産業構造を考慮し、大学の学部構成再構築に取組む。

【介護人材の待遇改善、負担軽減】
・恒常的な人材不足にある介護職に対して、待遇や労働環境の改善を図るとともに、ロボット技術やAIの導入により、介護の負担軽減を進め、人材確保に努める。

【安全保障】
・緊張が増す東アジアにおいて、防衛力を強化し、国民の命と財産と領土を守り抜く。

【子育て支援・女性就労支援】
・地域によって格差の大きい学童保育(放課後児童クラブ)を拡充し、家計負担軽減。

【千葉県の発展】
・圏央道の開通に伴い、千葉県が日本の物流の大動脈となることを活かした物流・観光・農業をはじめとする産業政策の推進や、リモートワークなどの働き方改革の推進により千葉県での快適な生活を推進。
・直下型地震等の災害に強い県土づくりを進める。




Copyright ©2008-2013 Matsuno Hirokazu. All Rights Reserved.